食品として認められたサプリメント

L-カルニチンは、日本では約50年ほど前から医薬品として用いられてきました。

しかし、体脂肪の燃焼効果を非常に期待できるというL-カルニチンの体に及ぼす効果・影響が重視され、2002年12月からは医薬品としてだけではなく、食品として利用することが認められました。

これ以来、L-カルニチンはダイエットサプリメントとして広く摂取されるようになりました。口コミでも話題のサプリメントとして大変な人気を得ています。