過剰摂取による副作用(その2)

L-カルニチンを過剰に摂取すると、腎臓障害や尿酸値異常などの原因となることがあると言われています。

L-カルニチンは基本的にアミノ酸ですから、このアミノ酸を大量に摂取することによって上記のような副作用が生じてくるわけです。
ただし、これはL-カルニチンを短期間に大量に摂取した場合に限られます。

通常のダイエットで用いるサプリメントの用量を守っていれば、ほとんど副作用のないのがL-カルニチンという成分の特徴ということができます。