甲状腺機能亢進症の症状を改善

L-カルニチンが体に及ぼす効果・影響は非常に大切なものです。

ある種の病気においては、このL-カルニチンの血中濃度が低下することが知られています。甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になる代謝内分泌疾患の一つである「甲状腺機能亢進症」などがその代表的なものです。

このようなケースにおいては、一日2グラムから4グラムほどを患者に摂取させることによって、L-カルニチンの血中濃度を維持できるといわれています。

L-カルニチンはダイエットに限らず、こういった医療の現場でも活躍しています。